今さら聞けない採用管理システムとは

会社にとって、最も重要なのは人材の確保になります。戦略的に優秀な人材を雇用できるかどうかによって、その会社の将来決定付けられるということができます。ところが、人材を採用するには、色々な業務がたくさん生じることになります。余計な業務を効率化して、採用の業務をスムーズに進めるために導入されるのが採用管理システムということになります。採用の業務には、履歴書を管理したり、応募してくれた方の選考の進捗状況を管理したり、応募者を絞り込んだり、評価データを管理したり、応募してくれた方とやり取りをしたりと管理するべき事柄は多種多様になります。会社の経営規模が大きくなれば、応募してくれる方も増えることになるため、システムを導入しなければ、こなす必要がある業務も増える一方となってしまいます。

人事担当者の業務の負担を軽減させる

採用管理システムを導入すると、パソコンさえあれば採用にまつわる様々なデータを一元管理することが可能になります。近頃は、クラウドサーバーに採用に関するデータを保管しておくクラウド型のシステムが数多くリリースされていて、様々な会社の採用担当者に利用されています。このシステムを導入することによって、応募してくれた方のデータや選考の進捗状況のデータを簡単に閲覧でき、単純な細かい作業を自動化させることが可能になります。そのことによって、採用活動にかかる時間を削減して、人事担当者の応募の受付から採用に至るまでに必要となる業務を効率化させることに繋げることができます。すると人事担当者に時間の余裕が生まれるので、応募してくれた方を見極めるための作業にもっとたくさんの時間をかけることができるようになります。

採用までにかかる時間を早めて優れた人材を確保

採用管理システムを導入すると、今の時点の選考の進み具合や、応募ルートごとの採用の状況、応募してくれた方の経歴ごとの採用の状況など、色々な切り口から分析することができます。データを見えるようにすることによって、自分の会社の社風に合った採用方法が分析できるようになります。また、分析した結果を活用して戦略を立てることによって、効率の悪い求人誌に出稿するのを止めて応募にかかる費用を削減したり、一次選考を簡略化させることが可能となります。採用にかかる業務が効率化することによって、応募してから内定に至るまでにかかる時間が短縮されることになります。このことが、応募してくれた方が辞退するのを防止することに繋げることができます。応募してくれる方は幾つかの会社に応募していることが多いので採用に至るまでの迅速な決断が優れた人材を確保するのに必要不可欠なこととなります。