採用管理システムに関する疑問を解決します

ここ数年、ライフスタイルの変化や、少子化の影響で新卒者の雇用が厳しくなっています。そのため、各企業においては中途採用での雇用人数を増やしています。中途採用は新規採用と異なり、採用時期が定まらず、常に雇用事務に取り組まなければなりませんから、非常に手続きが煩瑣になります。そこで、このような課題を解消するために、採用管理システムを導入している企業も少なくありません。このシステムを導入した企業のほとんどが、雇用作業の軽減や採用計画の見直しによる安定的な要員確保など、多くの成果をあげています。しかしながら、企業によっては様々な疑問があり、導入に躊躇している企業も少なくありません。そこで、企業が躊躇する代表的な疑問について解決策を紹介します。

個人情報の保護が担保できるのか

企業がシステムの導入を躊躇する理由の一つに、個人情報の保護が担保されるのかといった課題があります。というのも、採用事務においては、多くの場面で個人情報を使用しますので、その取り扱いには、十分に必要がありますが、システムを利用することで、セキュリティが弱くなるのではないかということです。採用管理システムは、基本的にサーバー上にシステムを構築し、必要なデータのみサーバーから取り出すことよって、事務の効率アップが図られるだけでなく、個人情報の保護にも寄与しています。また、取り出したデータは、採用事務に活用されるほか、自局の長期的な雇用戦略に活かすことができます。短期的な対策は考えていても、長期的な雇用計画を作成していない会社も少なくありませんので、差をつける大きなチャンスなのです。

採用管理システムのカスタマイズ

採用事務管理システムの導入を躊躇している会社が持っている疑念の一つに、自社の欲しいデータの項目を追加したり、逆に必要のない項目については、削除することが簡単にできないかということです。結論から言うと、システムのカスタマイズは簡単にできます。例えば、入社後の営業実績を加えるようカスタマイズし、採用試験の結果とリンクさせ、採用試験の内容が間違っていなかったのか検証することができます。そのほかにも、採用試験の合否が判明した起点で、内定通知を自動でメール転送するカスタマイズもあります。メールを自動化することで、迅速なだけでなく通知漏れも防ぐことになります。内定通知が漏れていたことで、競合他社に就職してしまったという事例もあるだけに有効なカスタマイズの一例です。