採用管理システムはこんなにメリットがあるんです

採用管理システムとは、人材採用のための活動支援の役割を持つものとして、主に大企業などで利用されています。例えば各支店で求人募集を行う場合、その人材の能力レベルを一定に保つようになります。また応募してきた人材のデータを一元化することができるので、均一に評価することが可能となります。それぞれの応募者に対しての連絡状況も管理できるので、優秀な人材を逃すようなこともありません。このようなメリットがある中で、デメリットもあるので知っておく必要があります。システムの内容が非常に入り組んでいることで、導入が難しいことです。管理すべき項目はなにか、それらをどのようにリンクさせるのかを考えるのは難儀なものです。なにかしらの落ち度があれば、システム自体が有効に機能しなくなります。

採用管理システムの利点について

採用活動には様々な業務がありますが、企業の規模が大きくなるほどに内容は煩雑となり、部署も細かく分かれるようになります。部署同士の連携がうまく取れなくなることで、応募者へ適切に連絡することもできなくなります。その結果、将来性のある人材を確保できなくなるリスクも発生します。そこで管理システムを活用することで、情報を円滑に共有することができますし、応募者の管理もコストをかけずに行えるようになります。また、採用者が決定した場合のデータ分析を行うことで、次回以降の採用活動に生かせます。応募者の選別にかける工数を少なくすることで、採用担当者の負担を軽くします。人材評価のためのデータを分析することによって、応募者のスクリーニングを効率良く行えるようになります。

採用管理システムを導入する上でのデメリットとは

採用管理システムを導入するためには、いくつもの課題をクリアする必要があります。まず導入コストがかかることに対して、考慮すべき項目が多いことが挙げられます。例えば採用決定に際してどのようにスクリーニングをかけるのかという課題があります。場合によっては、そのスクリーニングが上手く機能しないことで優秀な人材がはじかれるケースもあります。自動化が目的の管理システムを作り上げるのは、それを利用する企業自身であるということです。あまりに効率化を進め過ぎると優秀な人材も逃すリスクがありますし、どこでバランスを取るかが重要となります。ある程度運用を続けることでシステム自体が効率化され、機能するようになるわけです。それまでの運用をどのように行うかが大きなポイントとなります。