採用管理システムはどんなときに効果を発揮するの?

人材を新たに採用するためには、たくさんの業務プロセスを経る必要があります。採用管理システムは、煩雑であることが多い採用の業務に人的費用を費やしてしまっているときに効果を発揮します。つまりシステムを導入することによって煩雑な採用の業務を能率的にこなすことできる効果を得ることが期待できるということになります。システムを導入することによって、応募データの管理をするときや、選考がどの段階まで進んでいるのか状況を把握したいとき、採用にまつわる情報を一元的に管理して可視化したいときに効果を発揮します。そして、採用を管理するシステムは応募してくれた方との電子メールをやり取りする単純作業に手を煩わせている状況を自動化するという効果も発揮してくれます。

システムが効果を発揮できること

会社の採用担当者が悩みを抱えているのが、優れた人材を確保するのが毎年難しくなってきているという問題です。応募を辞退されてしまうのを防止するためには、応募からスピーディーに面接に移り迅速に採用できるように時間を短縮することが求められます。それを実行するためには、応募してから初動スピードをどのぐらい上げることができるかが大切になります。採用管理システムは、応募してくれた方の経歴や、職歴、保有している資格、学歴などの条件で自動的にふるい分けをしてくれるため、応募してくれる方の数が増えても採用に至るまでのスピードがアップする効果を発揮してくれます。さらに、電子メールを自動送信できる機能が搭載されているため、優秀な人材に対しても、迅速に面接の打診をできる効果を発揮してくれます。

メールの送信や求人広告の管理に効果を発揮

今回は希望に応えることができなかったことを伝える電子メールや、選考に通過したことを伝える電子メールなどの送信する業務についても、採用管理システムによって自動化したり、定型化したりすることによって、効率化する効果を発揮してくれます。たくさんの人たちから応募してもらうために、採用担当者は幾つもの求人広告を出稿しますが、求人広告を出稿する数が多過ぎると、状況が変化するたびに変更する作業が大変になります。多くの時間を原稿訂正の時間として割いていると、確認しなければならない事柄も多くなってきますし、応募してくれた方に間違った対応をしてしまうことも増えてしまいます。採用管理システムは幾つもの求人広告の内容を管理したり、応募してくれた方を一元的に管理することができる機能によって管理にかかる作業を軽減させる効果を発揮してくれます。